塾のこと、介護のこと。

プログレスゼミナール

しつけとは

 

170510最近塾の前の道に小さな自転車、ペダルなしだが、乗り捨てられている。
塾の生徒曰くペダルなしなのは幼児が乗るものだとか。
ある日その自転車に乗っている子を発見。
黄色い帽子に黄色いカバーをつけたランドセル。一目で小1とわかる。
しかも、帽子にランドセルのままだということは、一度も家に帰っていないことになる。
「あなた、まず、一度家に帰って帽子をとってランドセルも置いてきてから、遊びなさい。だいいち、どうして家に置いておかないの?」
「1階にしかないの」 自転車の置き場所のこと?
「じゃあ、家の玄関の前まで持っていけば?」
私の問いかけには返事せず、そのまま、乗り捨てて彼女は自分の家に帰っていった。
案の定例のマンションだった。
指定日以外のゴミ出し頻繁。明らかに風俗関係とわかる人たちの出入りも激しい。
管理会社も匙を投げ何度も変わった。結局自然にそういう住人が集まってしまった。
お母さんは働いているみたい。首からカギをぶら下げていた。お母さんが働いている家庭は確か学校帰りも学童クラブかなにかでしばらくは面倒を見てくれるはず。
もともと、申し込まなかったのか、はたまた最初から、申し込まなかったのか。
2日くらいは放置されていた、その自転車に、久しぶりに乗っているのを見かけた。
そして、また、乗り捨てていた。
いったい、どんなお母さんだろうかと思ってしまう。
お帰り。うがいして、手を洗ったらテーブルの上のおやつを食べてね。それから、宿題をちゃんとしてから、遊びに行くのよなどと、置手紙してくれているだろうか?
片手で軽々と抱えられる自転車なので、私が、そのマンションの入り口に戻した。
それから、また、数日してから、自転車が私の塾の前に乗り捨てられていた。
まるでいたちごっこ。
親の顔も知らないし、とにかく私が声をかけていこうと思う。
おせっかいかと思うけれど、この子の行く末を思うと今のうちに何とかしてあげたい。

今、確かにお母さん方は忙しい。専業主婦などはごくわずか。
でも、忙しくても最低限のルール・マナーは教えてあげないといけない。それが、親の務め。我が子の将来を思えば頑張ってほしい。

電車の中での出来事にも少し眉をひそめることが。
私立中入試でもさせるのか、祭日の移動中の電車内でも時間が惜しいのか、窓を机代わりに一心不乱で低学年の男子が算数を解いていた。解き終わると、母親に渡す。母親はにこりともせず、カバンから筆箱を取り出すと採点を始めた。
ふつう、今どきのお母さんはスマホ。時には子供のこともそっちのけで夢中で携帯の画面を見ている。これも、まあ、いただけない話ではあるが、ある意味こちらの方が人間味を感じる。
抑揚のない声で子供の間違いを指摘する母親.ほんとに、これぽっちも笑みは浮かんでない。
電車の中で勉強すること、させること、何も悪くない。
ただ、靴は、履いたまま。
通路側に背を向け机に窓をしているのだから、必然的に両足は座席に触れる。
靴を脱がせることから始めないといけないのではないか。
計算の間違いを指摘するために公共の場におけるマナーを教えるべきではないか。

東大出身の人たちによるクイズ合戦も最近流行っているが、クイズの内容は正直長く生きているものならある程度答えられる問題。もっと、掘り進んだ専門知識はもちろん答えられはしないが、それを学んだものにとってはしごく簡単。驚嘆すべきことではない。
福岡の私立女子高の中村学園を作った、中村ハル先生の言葉。

「人間は頭の良しあしや学力の優劣よりも人物が出来ていることが基本である。」

まさにそれに尽きる。
我が子にはまず社会的ルールを身につけさせ、人に対する思いやりの大切さを説き、最後に学問だと私は思う。

プロゼミ 小川

丸天うどん?!

 

170412最近久しぶりに塾内で泣いてしまいました。それは、前学年の復習テスト。
採点をしていて、涙が止まらなくなってしまったのです。
「どうしたと?」「全部間違えとった?」
不安そうにたたみかけて聞いてきます。
そうじゃない。ほとんど正解していたので、あとからあとから涙があふれてきたのです。
その子は、あっ!そうそう、このブログの表紙を飾っている、まさにこの男の子です。
この生徒は小1でやってきました。早生まれの小1です。どれだけ、幼かったかわかるでしょう?  本来なら幼稚園の年長さんですよ。
私の塾の卒業生で、既に社会人になっている人の親御さんからの紹介でやってきました。
学校の成績がなかなか伸びない。担任の先生からも心配の声がと。
でも、まだまだこれからですよ。少しやんちゃそうですが、大丈夫ですとお預かりしました。
言葉のキャッチボールはできるし、とんちもきくし、決して知能が低いお子さんとは最初から思いませんでした。
けれど、とにかく気分屋、気持ちが乗らないと、てこでも動かない。泣き叫ぶ。
塾から脱走する。  テストの時は抱っこして最初はさせました。
帰る時はおんぶして階下におろしました。
でも、この子は大器晩成型だと信じて飴と鞭を使い分け、おうちの方が、ご迷惑かけるならやめさせてもと言われた時も引き留めて・・・
今年4年生。「もう、4年生やけんね、俺も。」と、顔つきもしっかりしてきました。
この子に付き添いの意味でやってきたお兄ちゃんも今年中1。
最初は、一歩引いているところがありました。弟に遠慮すらしていました。
あくまで、自分は弟の黒子という立ち位置でした。 けれど、週1の通塾が週2に、そして、小6では、英語も習いはじめ週3回に。 そして、英語で悪戦苦闘しつつも英検5級合格し、新中1で入塾してきた子と自分が比べ物にならないくらい学力差がついていることを実感し、すっかり自信に満ち溢れた顔つきに変貌しました。
やはり、本当にこういう時塾をやっていてよかったなあとつくづく思います。

さて、今回の題名の「丸天うどん」、それが、どう、この話と関わっているのか?
それは、( ;∀;)  教師が涙をいったいどんな時に流すのかということです。
私は、子供の成長に涙を流しました。
しかしながら、ある小学校の担任の先生は、丸天うどんで涙を流したというのです。
「先生、丸天事件話したっけ?」と生徒。 「えっ? どういうこと?」と私。
聞けば、その子の担任の先生は週に3回は泣くそうです。そのうちの1回が、この、丸天事件。
何でもクラスで一番偉いのは担任らしい。 だから、給食も一番に担任に配らなくてはいけない決まり。ところが、ある日のこと、給食当番が最初に配り忘れ、しかも、担任に渡した、丸天うどんの丸天が、浮いてなくて沈んでいたとか。
で、何気なく生徒が、先生の丸天沈んでいると言って笑ったそうです。
すると!! 先生が、な、な、なんと激高!! そして、もう、みんなと同じ教室で食べるのはいやだと泣き叫んだそうな!
開いた口が塞がらないとは、まさにこのことですね。
例えば塾に高校の先生がお菓子のお土産を持ってきてくれたとする。そしたら、まずは、小学生に好きなものをとらせ、次に中学生。そして、私は最後。それって、あたりまえですよね?
その先生は終業式の日に。みんな私に迷惑をかけたから一人ずつ謝ってくださいと言ったそうです。
言葉悪くてごめんなさい。
謝るのはお前だろうが!!と言いたい。
いったい、いつからこんなになったのかな?
でも、考えたら私の時代も体操服忘れた男子に下着のまましろ!と命令した先生がいたな。グレーのブリーフ姿が今でも目に焼き付いている。かわいそうだった。

今塾が多いのは勉強の遅れを取り戻すためでもなく受験のためでもなく、もしかしたら、学校ではもう習うことのできない人に対する思いやりとか、わけ隔てをしない博愛の心を知るために来ているのかもしれませんね。
道徳を教科化しても教える側がそんなふうなら、絶対子供の心には響かないでしょう。

プロゼミ 小川

人は病気で死ぬのではなく、寿命で死ぬ。

 

人は病気で死ぬのではなく、寿命で死ぬ。
これは、母がよく口にしていた言葉です。
私も最近つくづく思います。
母の施設には100歳の人も多くいます。95歳で、足腰がしっかりしていて、今でも颯爽と歩かれる方もいます。
そうかと、思えば、母より、ずっと若い人が寝たきりの場合もあります。胃ろうをしていて、普通の食事ができない人もいました。この方は気の毒でした。楽しいおやつの時間も何も口にすることができないから。
寝たきりの人も勿論かわいそうです。
けれど、あら?  いつのまにか胃ろうの人が普通の食事に変わっている。
寝たきりの人が車いすになっている!!
スタッフさん曰く正直お年寄りには将来がないと思われるかもしれませんが、こういう奇跡もあるのです。だから、決してあきらめたらいけないんですよと。
ほんとうに母の言ったとおりです。

けれど….
普通の椅子に座っていらした方が車いす、そしてリクライニングの車いすに変わり、点滴の管が痛々しく細い腕に…
この方を見ていたら自然に涙があふれてきました。
もう、まさに骨と皮。
血管、動脈も静脈も透き通って見えて息も絶え絶えです。奇跡は、もう起こらないかも。

この施設は私の友人から紹介されました。義理のお父さんがいらしたのですが、亡くなられました。義理のお母さんはご存命ながら、今病院の施設におられ、私の母がいる施設への入居を希望しておられます。

まだ、空いてないやろう?と友人。 つらいですね。 誰かがもちろん転居も可能性ありますが、亡くなるのを待つしかありません。

脳死判定の時も自分の身内が脳死状態なら、決して脳死を認めたくないし、反対に自分の身内が脳死患者からの臓器提供を望んでいたら、、、。
立場立場で考え方も違ってきます。

今、私が出来ることやるべきことはありふれた日常の一環として淡々と母の施設通いを続け、そこで、目にする知り合いになった方々の死も受け入れ悼み、そしてまた、新しい明日を過ごすだけ。
母との穏やかな日常が長く続くことを祈るだけ。

20170404春になったので少し華やかな服を買ってあげた。
外面の良い母は、私には仏頂面だけど、スタッフさんには、にこにこ。
でも、つまり、まだ、母は私を娘と認識しているってことね!!

桜咲く!!

 

桜咲く公立高校の合格発表です。
今年は3名が一般受験。
筑紫中央高校 1名 柏陵高校 2名
無事に合格。ほっとしたところです。
柏陵高校の二人は順当。筑紫中央の生徒は正直心配でした。どうしても模擬試験ではA判定はおろか、BやCで、私も親御さんもワンランク落とすように勧めました。
本人が行きたいことは重々承知。けれど、お兄さんも今年の春から東京の大学に進学。金銭面で、かなり大変だとか。私立も特進コースに合格しているし、どちらに転んでもいいわけですが、そういう事情から最後の最後まで親御さんも悩まれました。
けれど、彼女の意志は固かった。
見事合格の一報。 私もお母さんも泣いてしまいました。
その後本人からも電話。聞けば、自分より成績の良い人が不合格だったと。
その合否の分かれ目はいったい何だったのか。
多分内申書です。彼女は十分すぎる内申点でした。不合格の子は低かったらしいです。

内申点って、どうだろう? そもそも、内申重視になったのは、本番で日ごろの実力がだせないままに終わる場合もある。つまり、今回のように普段の成績はいいのに思うように力が出せない子のために設けられたのです。そして、主要5教科だけではなく、副教科・生徒会・部活・ボランティアなど多岐にわたり、生徒の人となりをみようというわけです。
私たちの時代は一発勝負。内申なんて、関係なかった。だから、先生に反抗しまくりでも大丈夫(笑)
私は反抗したわけではありませんが結構正義感が強かったのでこちらが間違いなく正しいと思ったことはたとえ相手が教師でも、まあ、食ってかかりました。この性格は大人になっても変わらず、最初務めた幼稚園でも園長に反抗。次にアルバイトで入った市役所でも、反抗。次に入った会社でも(笑) そこの会社では、「お、小川さん、今の電話の相手部長よね?」とおろおろして聞きました。
「はい、そうですけど!」 でも、それがどうした?って感じでした。
ところが、内申重視になり中学生は、ほんとやりにくくなりました。
ある、老人ホームは名ばかりのボランティアが増えて困っていると嘆き、内申稼ぎのために生徒会役員に立候補する生徒が増え。
また、点数だけでなく発表もプラス点になるので、答えがわからなくてもやたらに挙手する子も。
私は私で先生に嫌われたらお終いよ、いつも、にこにこしておくのよと言い、女の子にはなるべく斜め45度で上目遣いで先生を見ろとか、へんな指導までする始末。
そんな媚びを売るのはまっぴらごめんという生徒もいます。よくわかります。私も本来はその口ですから。
けれど、たとえば、私の塾で内申が良かった生徒たちは、全然不自然な仕草はしていない。本当にまじめに取り組み礼儀正しく言葉遣いもきちんとしていました。本当にいい子たちでした。
ですから、筑紫中央受験した生徒も随分内申に助けられたと思うし、とてもうれしい。
でも、その反面ふびんなくらい一生懸命やっている様子に痛々しさも感じました。
なんだか内申という得体のしれない、いや、間違いなく知れている魔物にがんじがらめにされている気がしてなりませんでした。
けれど、そこから逃れても結局は入試に失敗するのが関の山。いい加減で、この悪しき採点方法を変えてほしいものです。
今年も新中3に私は言います。いくら、点数よくても内申悪かったらだめよ。先生に嫌われないようにね。一年間は演技しなさい。できれば、体育祭のブロック長や、応援団長になりなさい。合唱コンクールでは指揮者になりなさい。わからなくてもいいから手をあげなさい。いざと言う時は答えを写していいから提出期限までに宿題を出しなさいと。この答えを写して云々は実際担任からいわれた生徒もいます。
昔は正義感にあふれていたこの私がなんともはや、嘆かわしい限りです。こんな指導をしないといけないなんて(泣)
しかしながら、本当に行きたい高校に行くためにはそうするしかありません。
筑紫中央に合格した生徒のことを別の親御さんが「受かったんですか!!執念ですね!!」とおっしゃいました。私もそう思います。その、親御さんのお子さんも最初は筑紫中央希望でしたが断念しました。その、お子さんにもある意味執念を感じました。彼は、何としてでも公立に行きたかったのです。ですから、レベルを下げることを不本意だとは思っていません。
今日も弾む声で合格を報告してくれました!!
よかった、とにかく、よかった、ただ、その一言に尽きる。彼らの将来に幸あれ!!と、祈るばかりです。

プロゼミ 小川

個別授業主体に戻ります。

 

昨年度中3は一斉授業を多く取り入れて、より高みを目指す塾に生まれ変わる予定でした。
しかしながら、やはり、どうしても一斉授業は難しかった・・・
掛かりつけのお医者さんのところに夏期講習時期や受験間際に胃薬を毎回貰いに行く話は度々したと思います。その先生が「成績のいい子は小川さんのところには来ない。もっと、大手の有名な塾に行くよ。だから、心労から来る胃痛はなかなか治らないかも」と、おっしゃいました。一瞬あれ?生徒にも私にも失礼なこと言ってる?と思いましたが、そうではありませんでした。「他の塾で成績が伸びなかった人が塾を変わって、別の塾へと言うよりは、小川さんを頼ってくるとよ。小川さんに何とかしてもらいたいと、藁をも掴む気持ちで来るとよ。だから、仕方ないよな、頼ってくるんだから」と、付け加えられました。
ある意味目から鱗。 そうだよな、今までだってそうだった。みんな色々な塾に行ってもだめで、駆け込み寺のような感じでプロゼミにやってきていたな。原点に戻るべきだと思い知らされました。私のような個人塾に課せられた使命は、やはりそういうところにあるのだと。
昨年度もそういうわけで、個別を主にやりました。そして、最初は無理だと学校の先生にも言われていた志望校にも合格しました。それこそ、大手塾のような偏差値がすこぶる高い高校へ合格する人はいませんでしたが、みんな頑張りました。
褒めてあげたいと思います。みんなの喜ぶ顔を見るために、また気持ち新たに頑張ります。

プロゼミ 小川

170227

1 3 4 5 6 7 11
2020年 高校合格状況 

みんなよく頑張りました!!

【私立】
東福岡高校 特進・普通
中村女子高校 特進V(特待含む)
純真学園 進学コース
精華女子高校 進学コース
大牟田高校 総合学科
九州産業大学付属 進学コース

公立】
福岡中央高校
筑紫中央高校
福翔高校
柏陵高校
福岡女子高校
福岡工業高校建築科

プログレスゼミナールイメージ
カテゴリー
アーカイブ