塾のこと、介護のこと。

プログレスゼミナール

今回は、高校入試についてお話ししたいと、思います。

 

この時期になりますと、保護者の皆様から相談をたくさん受けることになります。
私立1本で行くか、公立のレベル下げたほうがいいかなどなど。

fotolia_76027655まず、私立入試のシステムをお話します。
私立には3パターンあります。
専願と言って、その高校にしか行きませんというもの。
次に一般入試。つまり、公立との併願。これも、前期と後期に分けられます。
ですから、専願で、もし不合格になっても最終的にあと、2回チャンスが残っていますから、どうしても行きたい私立があるなら、あるいは、本当は自分の実力ではとうてい無理かもしれないが一か八か受験してみたいと思う場合は専願からチャレンジするのもよいでしょう。

また、精華女子高は吹奏楽部が全国レベルの実力です。CDを出したり、テレビ番組に出演して歌手たちと多数コラボも果たしています。
ですから、偏差値がどうのこうのではなく、精華の吹奏楽部に入りたいという理由で専願受験する場合や、東福岡のようにサッカーやラグビーなど、プロ選手も輩出している高校に自分も行きたいと専願を希望する生徒もいます。

そして、私立は成績優秀者や何か才能に秀でている場合は奨学金を出してくれます。
私立は月謝が高いので、だいたい保護者は公立に行ってほしいと思うものです。
しかしながら、例えば野球がとてもうまく甲子園に行きたいと思っていれば、正直公立では難しいのが現実です。そういう場合、専願で私立の強豪校に特待生で行くことが可能です。成績優秀者も特進コースに進むことができます。私立はせっかく優秀な生徒たちが貧しいという理由で結果大学進学などをあきらめてしまうのは日本にとっても損失であるとの考えからどこの私立高校も積極的に奨学金を出してくれています。高校によっては大学の入学金も出してくれるところもあります。

昔はこのような制度はありませんでした。ですから、できた当初正直私は違和感がありました。結局、頭の良い人、スポーツ万能の人だけがもてはやされて、大多数の平平凡凡の生徒たちに不利ではないかと。
けれど、27年間塾をやっているといろいろなご家庭のお子さんを預かることになります。
離婚・死別・あるいはお母さんの蒸発などで、父親・あるいは母親だけになったり、両親がいても、倒産・リストラなどに見舞われ生活が苦しくなったり。
これが受験間際に起こると、悲惨です。情緒不安定になるし、果たして、自分は進学していいのだろうかと、悩むようになります。そういう場合、やはりスポーツが得意な生徒、学力が高い生徒だと、なんとか奨学金をもらい高校に行けるようにしてあげたいと思ってしまいます。ですから、神様がくれた贈り物だ、素直に受け取っていいんだとこの頃は思うようになりました。
私の塾からも多数奨学金のおかげで進学できた生徒がいます。
ですから、人は人、自分は自分で腐らず羨まず、こつこつと、平平凡凡な我々は努力するのみ(笑)

Classroom of japanase high school次に公立高校。
公立にも私立専願に似た推薦入学があります。一般に県大会出場者、そして、中堅高なら内申がオール4以上のような条件があります。
スポーツ推薦のほかにはボランティア推薦や学力推薦があります。けれど、ボランティア推薦はそう多くはないと思います。
学力推薦は、行きたい高校の偏差値により違うので、ほとんど3でもよければオール5に近くないといけない場合もあります。
そして、ここで、気を付けなければならないのは上位高に推薦入学しようと思う生徒は全員がもちろんその条件を満たしているということです。
ですから、自分はいつも中学でTOP5にいると安心してはいけません。受験するそれぞれの生徒がそれぞれの学校で5だらけだし、トップだし、生徒会長だし、部活のキャプテンだしと、なります。つまり、内申に5と記載されても実際は3と同じだということを親も子も理解しなければなりません。ですから絶対天狗になってはいけません。運よく合格できても、その現実を理解できない生徒は結局ドロップアウトしてしまいます。

一般入試、これはもう大変です。私立は福岡では、いまだに滑り止めという感覚なので、公立に流れる生徒もみこし定員以上の人数をとりますが、公立はそうはいきません。しかも、当日のテストの点数が良くても内申が悪ければアウトです。

中3の三者面談で、この公立は難しいのではと学校の先生がおっしゃるのは、受けても内申が満たず、不合格になる場合が多いからです。
つまり、内申が合計27必要な高校受験するときに2がちらほらあれば、よほど、本番の試験で高得点を出さない限り合格しません。教育委員会がしっかりと、内申点と本番の試験での出来栄えの両方から合格か不合格か判断するように決めています。
どちらも満たしている人が、まずAグループ・次にどちらかが受験に満たないBグループ、そして、どちらも満たないCグループ。よく志望校判定でA判定B判定などとでますがそれと同じようなものです。ですからCの上位者が合格する可能性も残されていますが、やはり確実性からいけばAでなければいけません。ですから最終的に決めなければいけないのは、公立に行きたいのか、その高校に行きたいのかです。もし、公立に行くこと自体が望みなら自分が志望している高校に内申が最初から満たないのであれば、下位に落とすしかありません。けれど、どうしても、その高校に行きたいのであれば、内申が不利でも満点とる覚悟で受験するしかありません。

いずれにしろ、最後の最後で慌てなくていいように、日ごろからしっかり勉強しておくことが大切です。

プログレスゼミナール 小川 文子

最近思うこと

 

54460627今、誰よりも早く塾に来る人、あるいは、土、日に自主勉に来る人は、現在の塾生ではなく、全てこの塾を卒業した人たちばかり。
定期考査前であったり、受験目前であったり。
卒業生の一人が塾に自主勉に来る理由を話してくれました。
家では、勉強の質が落ちるからと。
確かに家庭環境は、人それぞれ違います。各自個室を与えられている人もいれば、自分の勉強部屋がない人もいるかもしれない。
けれど、最近のデータでは、自分の部屋でなくリビングに学習机を置き、そこで、勉強するほうが能率が上がるとも言われています。
その生徒が言うのは、きっと、そういうことではなくて、自分に甘えが出るということではないでしょうか?
つい、TVを観すぎてしまう。すぐ、休憩して、何かをつまみたくなる。あるいは、ソファーやベッドに横になってしまう、等々。
自分を律することが出来る人は家でもいいのでしょうが、定期テスト前などに、このままでは成績UPしないなと思う人には私は常に声掛けをしています。塾に自主勉においでと。
多分その人たちは、その、卒業生曰く勉強の質が家では間違いなく落ちるであろうことが、予測されるから私は言うわけですが、そういう人はだいたい、それでも、来ないんですね。
結果、点数を聞いても答えることができません。

私は、独身ですから、もちろん子供はいません。けれど、27年間この仕事に携わっているわけですから自然にこの子の場合はこうした方が伸びるとか、このままではだめになるとかがわかってきます。特にご家庭では、今兄弟は多くても3人くらいですから、受験を経験するのは3回でしょうが、私は27回、しかも1回に多い時は、数十人の受験生と向き合ているのです。そして、毎年判で押したようにこの時期かかりつけの胃腸科へ胃薬を貰いに行きます。
「先生、今年は受験生、特に大変です。」と、私が言うと、「小川さん、毎年そう言い寄るよ」と先生。つい、笑っちゃいます。

1204-2親御さんは、家庭で接するわが子は、間違いなくありのままの姿を見せてくれていると思いがちですが、決してそうではありません。
学校・部活・塾・友人の語らいの中の自分、全て違います。
以前学校や塾ですごく騒ぐ生徒がいて、みんなに迷惑をかけるので、親御さんに連絡したことがあります。そちらは父子家庭でした。お父様はそんなはずはない、家ではとても聞き分けのいい、おとなしい子供だ、自分の話を聞くときは正座までして、親のいう事を素直に聞いていると言って、私の話を信じようとはしませんでした。
けれど、塾に通っているその子の友達に話を聞いてみても、学校での騒ぎ方は半端なくて最初先生も注意していたけれど、もう、この頃はあきらめているとのことでした。
私は、生徒に家でそれだけ、いい子にしていられるのなら、塾や学校でも少々騒いでも構わないが明らかに人の迷惑になるほど、騒いではいけないよと、諭しました。
すると、その子が蚊の鳴くような小さな声で言いました。
「だって、静かにしていないと、お父さんが殴るもん。」
私涙が出そうになりました。暴力で押さえつけていたのです!!
まだ、その生徒は小3です。これが自分も父親と変わらないくらいの背丈の中学生になっていたら、それこそ、反対に親に反発して家庭内暴力、あるいは校内暴力に発展していたかもしれません。
また、仲良し3人組と思っていたのに、実はその中の1人がほかの2人にいじめられていてつらい思いをしていたりと、私自身も見逃すことがあります。
反対にクラスでいじめられて悩んでいることを親に打ち明けられず私に先に打ち明けた子のお母様が私にお礼を言いつつ、少し先生に嫉妬しましたと冗談めかしておっしゃったこともあります。

このように、自分が一番この子のことを知っていると、それぞれの立場で思いがちですが決してそうではないので、やはり、いわゆる三位一体で、見守っていくことが大切になってくると思います。

お互いに頻繁に情報交換しながら、やはり小さな塾は勉強面だけでなく情緒面も育てていきたいものです。
また、やはり以前は常に勉強にも意欲的な生徒が多く、そして、素直に私のアドバイスを聞いてくれた人もたくさんいました。
しかしながら、最近は少子高齢化のせいもあり、高望みしなければどこかの高校には行ける世の中になってしまったこともあり、この塾の生徒がというわけでなく日本全体の教育が、何か甘くなっている気がしてなりません。昔の言葉でいえば、ノンポリだらけなのに、政府は選挙権を持てる年齢まで引き下げてしまいましたね。なんだか、心配です。
危惧しているのは私だけでしょうか?

昔の子供と今の子供

 

塾を始めて27年。その間に保護者の考え方も子供の勉強に対する姿勢もずいぶん様変わりしてきたように感じます。

よく、学級崩壊の話を聞きます。担任は決して新人の先生ではありません。ベテランの先生です。にもかかわらずクラスをまとめることができなくなり、うつ病を患い休職退職を余儀なくされた先生も多いと聞きます。

塾を始めたころは、最初生徒さんをお預かりする時「先生、うちの子がいう事を聞かなかったら殴るなり蹴るなりしていただいて構いません」とおっしゃるお母さんが大半を占めていました。

そのころのお母さん世代はほぼ私と同年代でした。つまり、私たちが小中学校の頃体罰という言葉すら聞いたことがなかったような時代です。

悪いことをして口で叱ってもわからないのなら手が出る。そこに感情をむき出しにして怒りにまかせて体罰をふるう先生など皆無だったと、思います。

私が今でも印象に強く残っているのは、高校生の時、クラスの半数以上の男子が平日朝からボーリングに興じ大幅に遅刻して登校した時のこと。

運悪く?よその担任の先生にぞろぞろボーリング場に入っていく姿を目撃されていました。そして、全員の名前を(女子高が前身だったので、400名中70名くらいの男子)担任に告げました。それを聞いた担任の怒りはきっと相当なものだったろうと思います。

担任はその名前を読み上げ前に出て来いと言われました。そして、出席簿で全員の頬をびんたされました。表情は冷静そのものでした。

いいですか?ただ、前に出ろ。そして叩く。その間一言も言葉を発していません。

だって、言わずもがなだから。そして、叩かれた男子も一言も口を開きませんでした。

息をのみながらその光景をみていた私たちも黙ったままでした。

そのあと何事もなく数学の授業が行われその一連の行動に対して誰も非難めいたことは一切言いませんでした。叩かれた男子も保護者には言わなかったと思うし、よしんば言ったとしても、学校に怒鳴り込む保護者などいやしません。

我が子が悪いんです。なぜ、体罰だ!と、騒ぎ立てる必要があるでしょうか?

ところが徐々に世の中の情勢が変わってきました。子供にも人権があるから尊重しよう。体罰などもってのほか。となると、子供がだんだん大人をなめてきます。俺たちが騒いでも手も足も出ないだろう。殴ってみろ、教育委員会に訴えるぞ!と。

そういうわけで、ベテランの先生も今の子供たちにどう接していいかわからず、昔の常識が通用せず、結局追い込まれ心を病むのでしょう。

数年前、ある高校で一人の女子生徒が亡くなりました。過失ではありますが教師が命を奪いました。確か授業中によその生徒が別のクラスの友達に会いに来て先生が自分の教室に戻れと注意しても聞かず、教室から引っ張り出した際に壁に頭をぶつけたとか、言う内容だったと思います。マスコミでも大きく取り上げられました。そして、その先生のことをほとんどのコメンテーターが非難する中、一人の大学教授が「もちろん、命を奪ってしまったのは良くないですが、僕たちの時代には、授業中に席を立って別のクラスに行くなんて考えられません。」と言いました。

私も本当にその辺のところがわからないんです。塾をしていても、私何か間違ったこと言ったかな?と首を傾げることは多いです。

定期考査前、特に受験生の定期考査前は遊ばないで勉強しようね。と言っていても、外で遊びまわっている姿を先輩に見られ私が知るところとなった、中3の生徒。どうしたのかな?友達に誘われたのかな?済んだことは仕方ないからその分頑張って取り戻そうねとメールしたら、じゃあ、塾やめますとなる。なんでそうなるの?

私は、わかりました、先生。サボった分取り返しますね!という返事を期待していたのですが。
知り合いの高校の先生に私、間違っていましたかね?と聞きくと、いや、そんなことはないよと言ってくださいましたが、考えたら、その先生も同じ世代。もしかしたら、若い世代に聞けば、違った意見だったかも。

スマホ・ライン・ゲーム・インターネット・飽食・ファストフード・少子高齢化。

さまざまな要因が考えられるでしょうが、やはりこの世の中があまりにもすべてのことにおいて満たされすぎていて、我慢・辛抱する力が無くなってしまったのでしょうか?

私は生徒から疎まれようが、プロゼミに縁あって来てくれた子供たちだけでも、せいいっぱい人生を進んでいけるよう、強い力、そして、人に対する思いやりの気持ちが持てるよう、指導していきたい。

成績向上より、人間向上を願うから。

下の写真は上記の記事とはなんら関係ありません(笑)プロゼミの可愛い生徒たちです。

あなたのためよ

 

今回は、近頃、メデイアなどで言われている、本当に「あなたのためよ」という言葉は子供をだめにする言葉なのかについて、話してみたいと思います。

勉強における「あなたのためよ」の場合

あなたのためよ私は、いつも、生徒に聞きます。

「あなたのためよと、お母さんから言われたら、自分のためではない。親の見栄のために言われていると思うでしょう?」と。
すると、殆どの生徒がそうだと頷きます。

そして、私は「確かにそれもあるかもしれないけれど、ほんとうにあなたのためなのよ」と続けます。
正直、親はそりゃあ、わが子がいい高校に入ってくれた方が嬉しいし、鼻も高いでしょう。
でも、それくらい良くないですか?人間だもの、仏様じゃないんだもの。

そして、生徒自身も大人になって出身校聞かれたとき堂々と名乗れる高校の方がよくないですか?
で、ここでいう名乗れる高校というのは決してレベルの高い高校という意味ではありません。

よく、なんのために勉強をするのかとか、因数分解が何の役に立つんだとか、偏差値の高い高校に入るのが、そんなに偉いのかとか生徒は言います。

確かに専門分野に進まないのなら学問そのものは、なんの役にも立たないかもしれない。

偏差値の高い高校に入っても罪を犯す人もいれば、まっとうな職業に就いていない人もいるかもしれない。

でも、だからと言って勉強するという事から逃げてはいけない。

何のかんの言い訳して楽な方楽な方に行こうとする人に、そういうこと言う人多いです。

天才も確かにいるけれど、やはり、人は努力は必要と思う。

高校入試においては、私は偏差値って努力のバロメーターのような気がします。この高校に行きたい。

でも、偏差値が足らない、行きたい高校に行くために勉強を頑張る。

苦手な科目から目をそらさず頑張る。

そういう気持ちってとても大事。

社会に出てつらいことに出会ったとしても15歳の時にあれだけ頑張ったのだから、今度もきっと乗り越えられるという強い思いを持てる。

だから、知識を学ぶだけではなくそういうこともしっかり学ぶための勉強だから役に立たないことはないし、「あなたが生きていく上での糧になる。つまり、勉強はあなたのためなのよ」となります。

そして、正直持って生まれたものはあります。

一度で問題を理解する生徒と何10回言っても理解できない生徒がいます。

理解できない生徒の目を見れば、本当に一生懸命考えてもわからないのか考えようとしていないのかは、わかります。後者は言語道断ですが、前者の場合は致し方ありません。

ですから、一度で理解できる人から見たら超レベルの低い高校だとしても、本人がそこに合格すべく一生懸命がんばって合格したのであれば、社会に出て、出身校聞かれても胸をはって堂々と答えられます。

「15歳の俺、よくがんばってくれたな、将来のこの俺の為に」となるのであります。

勉強以外の場面で使われる「あなたのためよ」の場合

あなたのためよこれは、非常に難しいです。

子供の頃経験ありませんか?あの人と遊んだらダメよ、あななたのためにならないからって。

私も母親に言われすごく腹が立ったし、反発もしました。

私は今独身で子供もいません。

けれど、二七年間塾という仕事に携わらせてもらったおかげで、たくさんの子供との関わりが生まれました。

すると、昔、母親に言われてすごく嫌だったのに、生徒が不良ぽい人と遊んでいたり、塾卒業生が複数の男の人と遊び歩いているというような話を聞くと、居ても立ってもいられず、そういう人との付き合いはやめた方がいい、あなたのためよとつい言ってしまいたくなります。

これも、子供をだめにするのでしょうか?

似たような話で間違いなく、これは、私も良くないと思ったことがあります。

もう、ずいぶん昔の塾卒業生の話です。

「先生。うちの子家出しました」とお母さん。

聞けば、その生徒は、私立では、ある程度名の知れた高校に進学していたのですが、中学時代の友人と遊ぶ機会が多かったらしく、その中の友人のことで、お父さんと、もめたらしいのです。

その、友人も反対の意味で名の知れた高校に通っていました。

すると、お父さんが「そいつと付き合うな。そいつとは、きれろ!そんな男、お前の人生においてなんの利益ももたらさない。お前の為にならない。」と言われたそうです。

よほど、計算高い人間でない限り、損得で友人と付き合う人など、滅多にいないのではないでしょうか?

例えば、人間性が悪ければ別ですよ。

平気で犯罪に手を染め反省の色は全然見られない人とかね。

でも、偏差値ランクでお前の人生にその男は必要ないはダメでしょう。

お父さんはいくつかの会社を経営しておられました。

この場合は多分あなたのためよではなく、ご自分のためだったかもしれませんが、真意のほどはわかりません。

それから、しばらくして、息子さんは戻っていらしたらしいのですが、数年後、そちらのご夫婦は離婚なさいました。

さもありなんというところでしょうか?

このように、一概に「あなたのためよ」は、良くないと決めつけることは、出来ない気がします。

時と場合によりけりです。

怖いのは、メデイアなどで、ちょっとそういうことが取り上げられたら猫も杓子も右に倣え方式ですぐ、賛同してしまうことです。

「あなたのためよ」は悪くって、どうも、「褒めて育てる」keywordはもてはやされています。

これまた、果たしてそうでしょうか?と、疑問を投げかけたくなりますよね?

さっきから、社会に出た時社会に出た時と言っていますが、もし、両親ともにとても、優しく、事あるごとに何でも褒めてくれて、ついぞ叱られたこともなく、素直にのびのび成長したとします。

でも、考えてみて下さい。

この世の中みんなそういう人たちばかりですか?憎たらしい人もいますよ。

平気で暴力振るう人もいますよ。

会社でもちょっとしたミスに対しても「お前、何やってんだ!」と怒鳴り散らす人もいますよ。

だから、これも、ケースバイケースですが、いけないことはいけない、叱るべき時は叱る、塾でも「怒らないでくださいよ。私、褒められて伸びるタイプですから」とか、生徒が言うけれど、それっておかしくないですか?

そういうことって指導者側が判断することと思うのです。

ああ、この子頑張ってるから、はな○あげよっかな、ポイントつけようかなって。

これも、あまりにも、褒めて育てようが巷で蔓延して、生徒たちが自分たちに都合よく解釈していますよね。

結論!!

人の意見に惑わされず、自分なりに言葉の持つ意味をしっかり解釈して、本当に心から相手を思いやり、素晴らしい行いをした人には賛辞をおくろうであります!!

1 3 4 5
2020年 高校合格状況 

みんなよく頑張りました!!

【私立】
東福岡高校 特進・普通
中村女子高校 特進V(特待含む)
純真学園 進学コース
精華女子高校 進学コース
大牟田高校 総合学科
九州産業大学付属 進学コース

公立】
福岡中央高校
筑紫中央高校
福翔高校
柏陵高校
福岡女子高校
福岡工業高校建築科

プログレスゼミナールイメージ
カテゴリー
アーカイブ